2015年9月 寺山心一翁 月の言葉 | 寺山心一翁のガン治しの方法は、ガンに愛を送ること、意識を高めること。

寺山心一翁 月の言葉

寺山心一翁 月の言葉

2015年9月の言葉―アレックス&メイタルと高尾山へ

9月14日、横浜のイーハトーブクリニックの萩原優先生が主宰する、ほぁ〜がんサポートネットワークの定例会に参加させていただきました。

2015年9月の言葉

ほぁ〜がんサポートネットワークは月1回の定例会を設けており、私も12月14日に同会で話をさせていただくため、会の活動に初めて参加させていただきました。
毎回様々なジャンルからユニークな講師の先生がお話をされているようでした。
9月の回は、心理学者の三沢直子先生が講師でした。
三沢先生の心理学からスピリチュアリズムへ移行されるお話は、研究者としての確固たる実績を交えて講義が進み、私も大変勉強になりました。


2015年9月の言葉
2015年9月の言葉

9月24日、イスラエルから初めて来日した、笑いヨガのマスター Alex Sternick さんご夫妻を高尾山にご案内しました。
Alexさんはfacebookのお友達でしたが、初めて日本を訪れるということで、お会いすることができました。
Alexとの接点は、ひとつは、私がこれまでイスラエルに8回行っていることや、偶然にも、現地に共通の知人がいたこと、かつ、まだ若い彼が、私のことが随分前に、イスラエルの新聞記事に掲載された古いことを覚えてた、という珍しい若者であったこと。また、彼がラフター・ヨガのマスターとして、ジバリッシュのエキスパートであったこと。
私はワークショップで度々、ジバリッシュを取り入れているので、彼の発信することに、興味を持っていました。
同時に、Alexは、がんが自然に治ることに大変興味を持っていました。イスラエルでも近年そのような人々が増えているとのことで、事務所を訪ねて私に縁のある人々の名前を渡してくれました。


2015年9月の言葉

ジバリッシュを活用して自然治癒力を高めることをおこない、効果を上げている人のお名前や研究者の名が連なっていました。


9月30日からのスマイルワークショップについては、10月の言葉で書かせていただきます。


(署名)愛 心