寺山心一翁のスマイル ワークショップ 2013春 5月度 | 寺山心一翁のガン治しの方法は、ガンに愛を送ること、意識を高めること。

寺山心一翁のスマイルワークショップ

寺山心一翁のスマイル ワークショップ 2013春 5月度

ワークショップのスケジュール・お申し込み方法

ワークショップのスケジュール

名 称 寺山心一翁のスマイルワークショップ 2013春 5月度
日 程 5月10日(金)〜5月12日(日)
参加費 52,000円(2泊3日)
(別途:宿泊費18,900円+暖房費・実費)
定 員 20名
会 場 女神山ライフセンター
(長野県上田市・別所温泉駅から車10分)

お申し込み・お問い合わせ

受付は終了致しました。

お申し込み・お問い合わせは、
メール workshop@shin-terayama.jp
(迷惑メール対策のため、@を大文字で記載しています。メールをお送りいただく際は、小文字にご修正ください。)
お電話 03−3339−0020
FAX 03−5936−1900
でも承ります。お気軽にご連絡ください。

ワークショップの詳細

ワークショップ詳細

ごあいさつ 〜2013年のワークショップに開催によせて〜

寺山心一翁ごあいさつ 2006年から3年間、多くのリピーターの皆様に支えられ、好評を頂いた「心さんの愛と癒しのワークショップ」から、参加者の皆さんに好評だったエッセンスはそのまま活かしながら、寺山のライフワークでもある意識の側面にさらに焦点をあてた内容を盛り込み、2010年から新たに「スマイルワークショップ」を開始しました。

このワークでは、各回ごと、「意識の超越理論」を基本としてテーマを設け、参加される方々が、より容易に、深い意識のレベルまで到達できるように工夫してきました。

お陰さまで、参加してくださった皆さんは、ワークの内容を自分のものとして腑に落としてくださったようで、1年を通して全ての回に参加してくださった方も2名いらっしゃいました。すべての回を終了したときのお二人のお顔を、私は忘れることができません。
参加してくださったそれぞれの方が、大きな意識の変容を遂げたと感じています。

皆さんも是非、このワークでの体験を通じて、意識が成長する楽しみを味わっていただきたいと思います。

お越しを心からお待ちしています。
今年も感動いっぱいの、楽しいワークショップにしましょう。

愛心
スマイル ワークショップは…

寺山心一翁ごあいさつ 寺山心一翁がガンから癒される過程で痛感したことは、意識の変化が極めて大切であるということでした。意識が高くなるにつれて、自分が「生きている」という感覚から、すべてのことに「生かされている」のだと感じるようになりました。それは、自分の存在を、ただそのまま愛してあげることなのだという気づきでもありました。そして、意識の高まりとともに『いつも静かに笑っている』という境地に至りました。

このことを是非皆さんと分かち合いたいと思い、今年からのワークショップはスマイルワークショップと名づけました。

寺山のワークショップの目的は、参加者の皆さんの意識が高まり、自己の変容が促されることです。意識を高め、気づきを深めていただくためのプログラム、というのがベースにある考えです。
私たちの内にある素晴らしさを十分に生かしていくことができるよう、体験を通して感じていきたいと思います。

スマイル ワークショップは… スマイル ワークショップは…
ワークショップの3日間はこのような流れで進めていきます

これらは毎回のワーク全体に流れる部分です。

その中で、各回メインにするテーマを1つ掲げ、軸足をそこに置きつつも、ある時は、そこにこだわることなく、ワークの主役である参加者の皆様の状態を感じ、見つめ、考えながら、寺山がリードしていきます。

ワークショップの3日間 ワークショップの3日間
ワークショップの3日間 ワークショップの3日間
具体的にはこんなことをしながら…
  1. 天と地とに繋がる感覚を味わいます
  2. 自然との対話
  3. 瞑想や深い呼吸
  4. エンジェルカードの助けを借り、天使からのメッセージを受取ります
  5. 聖なるダンスや歌で、からだを整えます
  6. チャクラをバランスよく開いていきます
  7. 感じていることをシェアしていきます。また、それを書いてみます

これらは内容の一部で、そのほかにフィンドホーンの体験週間でおこなわれているプログラムや、寺山が日本人向けにアレンジしたゲームなどをおこないながら、様々な気づきの扉を開けていきます。

具体的にはこんなことをしながら… 具体的にはこんなことをしながら…
今年のワークショップ全6回の予定

今年のワークショップ全6回の予定 今年は春、夏、秋、計6回の開催を予定しております。
各回の日程と主なテーマは以下のとおりです。なお、日程については変更になる場合があります。また、テーマは、参加者の皆様の状況を把握したうえで、ベストなものへと修正変更することがあります。
何とぞご理解、ご了承くださいませ。


2013年3月22日(金)〜24日(日)

1:からだから感情の意識へ
〜自分を見つめ、味わい、感情を解放するコツをつかむレッスン

感情が及ぼすからだへの影響は、思いのほか大きく、からだはとても正直です。
からだの声を聞きながら、自分を見つめ、味わい、感情を上手に開放していくコツをつかむことを目標にします。

2013年5月10日(金)〜12日(日)

2:感情から心の意識へ
〜さまざまな感情を味わい、感情を越えて心の安定をはかるレッスン

自分の感情を味わい葛藤を乗り越えて、心の安定をはかることを目標にします。
感情を鎮め心の安定を得ることを体験してみましょう。

2013年6月21日(金)〜23日(日)

3:心から精神の意識へ
〜心を開放し、あるがままの自分、自分のゆく道を応援するレッスン

2013年8月2日(金)〜4日(日)

4:精神から魂の意識へ
〜自分の存在を、過去現在未来にとらわれずただひたすら認め、愛し、許すレッスン

2013年10月25日(金)〜27日(日)

5:魂から神の意識へ
〜自分が愛されている感覚に満たされるレッスン

2013年11月29日(金)〜12月1日(日)

6:神から宇宙の意識へ
〜唯一の存在である自分の大切さにもっと気がつき、本当の『有難う』を味わうレッスン

参加者の感想から
参加者の感想から

40代・女性・東京
今回ワークショップに参加するきっかけになった事は、2011年に病気とその合併症で脊髄損傷を患い、 2ヶ月半寝たきりの中、寺山先生の御高著を読ませて頂き、とても感動し『退院したら直接お会いしたい』と 思った事がきっかけでした。
退院後は暫く車椅子の生活でしたので、寺山先生が講師をしている都内での講座に、車椅子でも参加可能か 先生に直接メールをさせて頂きました。先生から「大歓迎です、楽しみにお待ちしております。」とお返事を頂き、 ワクワクして講座に向かいました。
教室に入って先生にご挨拶すると、「よくお越し下さいました!」とキラキラした笑顔でハグをしてくださり、 何だか赤ちゃんに戻って母に抱かれている感覚で、涙がポロポロと自然に溢れました。
講座の途中で女神山のスマイルワークショップの事をお聞きし、心の中で「必ず歩けるようになって絶対参加する」 と決心しました。その後リハビリもおかげさまで順調にいき、2012年最後のスマイルワークショップに参加させて頂ける事になりました。
ワークショップ自体に参加するのが初めてでしたので、「どんな事をするのだろう?」というのと、 まだ脚が悪いので杖をついての参加でしたので、多少の不安はありました。
ただ、オフィスにお電話して私の足の状況をお伝えした時に、とても丁寧でご親切な対応をしてくださり、安心しワクワクして長野に向かいました。
最寄りの駅で迎えの車に乗る際、以前に参加された事のある方々が会話されているのを聞いて、「この中に入っていけるのだろうか」 と少し不安に感じました。
車で山道を奥深く入り、女神山ライフセンターに到着した時に、空気が澄んでいて何とも言えない気持ちよさでした。
私は元々海育ちなので、海か山でしたら断然海派で、山はなぜか寂しげなイメージがあったのですが、ここは違いました。
多少緊張しながら、ハウスに入ろうと靴を脱いで上がる瞬間に、なんと転んで尻餅をついてしまいました。
痛みが出たので、「ヤバい、どうしよう。」と焦りました。というのも、私は癌の骨転移が骨盤に多発しており、整形外科の医師に 「転ぶのは厳禁、責任持てませんよ」と再三言われていたからです。「折れてたらどうしよう」と一瞬不安になりましたら、痛みがすぐに引いて普通に歩けたので「あ、あんなに転んで大丈夫なら骨もかなり再生されてるんだな、よっしゃ。」と気持ちを切り替える 事が出来ました。
転んだ事で骨の再生具合を再確認出来ました。結果オーライです。
部屋に入り荷物を置いてホールに集まりワークの始まりです。両隣の方がとても親切で、杖の私を見てクッションを持ってきて下さったり、座椅子を引いて下さったりしたので、緊張がほどけました。ありがたかったです。
最初に引いたエンジェルカードが、「Creativity 創造」です。その時は特にピンとくる事もなかったです。
1日ワークが終わり、自分が気付いた事を思うまま書いていきます。「今までの人生で起こった事(病気も)全て自分が創造してたので、 これからも全て自分が好きなように創造出来る、魂がポカポカと喜んでいる事を選択していけば間違いはない。私の人生は私が楽しい 選択をして創る」と大きな気付きを得る事が出来ました。エンジェルカードを引いた意味が理解出来ました。
三度の食事も全てオーガニックの食材で愛情たっぷりで、美味しくて毎食食べ過ぎてしまいました。でも、不思議と食べ過ぎても胃もたれしませんでした。同室の方々も初対面なのに、お互いを気遣い素晴らしい方々で、毎日楽しく過ごせました。
2日目は早朝から軽い登山です。私の脚が悪いので、女神山登山を急遽変更して下さって、本当にありがたかったです。
「登山なんて無理かもしれないから、途中でキツかったらリタイアしよう」と考えていました。
最初は下り坂です。前後の方々が私を常に気遣い、手をつないでくれたりしたので、安心しておりる事が出来ました。
祠にお参りして、帰りは上り坂です。私の脚は膝が曲がりにくいので下り坂はキツいのですが、上り坂の方が脚運びが安定します。
上っている最中、「下りより登りの方が楽って、普通と逆で面白いな」なんて考えながら心の中で笑っていました。
途中、木の枝が横たわっている場所があり、前に居た男性の参加者の方が私の方まで来てくれて、手を取って下さりました。
こうして皆さんのおかげで無事登山を楽しみ事が出来ました。実は女神山に来る数日前にTVで高尾山の登山を観て、 「もう私は登山は出来ないんだろうな、、、でもそれも受け入れよう」とぼんやり考えていました。でもそれは自分に制限を創っていたんです。
「出来ると思えば出来る、私は自分が望む事全てを創造出来る、」と今朝の登山ではまた気付かせて頂きました。
そして、午後のワークでも参加者の方とハグした時に「全ては一つ。私も他の人も全て同じ。」と少し感じられたし、 メディテーションの時になぜか亡くなった祖父を思い出して号泣してしまいました。祖父がここへ連れてきてくれたのかも、と感じ、その後祖父、祖母、父母、友人などの顔が次々と出てきて感謝の涙が止まりませんでした。
感謝の涙とはこんなに温かいものなんだと、病気になり初めて感じられました。

3日目のワークの後に「生きていて本当に良かった、全てに感謝、ありがとうございました。」という気持ちでいっぱいでした。
毎日が楽しくて楽しくて、まだまだ女神山に居たかったです。名残惜しかったけれど、電車に乗り上田に向かう途中の車中で、ぼんやり、ホ・オポノポノの「相手の問題も自分の問題」という事が腑に落ちました。今までは頭では解っていても全然腑に落ちていませんでした。
全ては一つ、、、そう腑に落ちると全ての事がシンプルに上手くいくのだと感じました。
女神山から帰ってきて、一見トラブルと思われる事(衝突事故)も経験しましたが、落ち着いて対応すると、逆に災い転じて福となりました。
そして日々の小さな事もなぜかタイミングよく事が運んでいます。
スマイルワークショップは決して寺山先生が教えるのではなく、一人一人が気付き感じる、というワークなので、気付きが深く、そして意識を高められる素晴らしいワークショップでした。次回のワークショップも楽しみで楽しみで仕方がありません。
本当にありがとうございました。


参加者の感想から

60代・女性・神奈川
退職してほっとすると共に、何かしらの欠落感を感じた頃に、先生を紹介した本と先生のホームページに出会いました。
そこには1か月先のワークショップの案内がありました。
それまで私はワークショップに参加したこともないくせに、ワークショップといった類に抵抗があり、参加をかなり迷いました。
ところが、その後連続して参加するようになったのです。理由は色々とあげられますが大きくは次の二点です。
まず、寺山先生のお人柄です。笑顔の素晴らしさに驚きました。中からにじみ出てくる豊かさ、愛がそのまま笑顔に表れているという第一印象でした。その先生が提示して下さる楽しくて深いワーク。先生は参加者に感じること、体験を通して感動すること、そして意識が高まってほしいと強く願っています。
そんな先生の愛情が、ワークの一つひとつに感じられました。
そしてもう一つ、自分自身が少しずつ変わってきているということが、回を重ねるごとに感じられるようになってきたことです。その変化はワークショップの場だけではなく、その後の日常にも反映されるようになりました。
初回の参加を思い出します。迷いながらの参加だった私は、居心地の悪さを感じたら即引き返せばいい・・と言いきかせ、不安と緊張感をなだめつつ別所線に乗りました。初日の夜、先生のチェロの演奏とダンスでその思いは完全に吹き飛びました。
チェロでの子もり唄、そして、簡単なステップを繰り返すダンス。いつのまにか涙が流れて、止まらなくなりました。なぜ私は涙を流しているのだろう?
自分でも不思議でうろたえたのを記憶しています。
癒されているという感覚がありました。
美しい曲に囲まれ、実際に体全体が温かくなり、自分の中の固いものがほどけてゆく感覚がありました。そして、その後は何だかすっきりしたのです。
この心地良さも、その後私を何度も女神山に向かわせたのだと思います。
これは後に歌でもゲームでも、色々なワークの場面で何度も味わうことができました。
先生の提示して下さるワークは、一見シンプルなものが多いように思います。
シンプルに思えるワークを、体を通して積み重ねていくことで、自分の体の感覚が鋭くなってゆくことに気づいたり、体と心か軽くなっていくのを実感したりするのです。
この時、自分が少しずつ開放され、変化していくのでしょう。毎回、その充実感が幸せでした。
女神山の季節に変化は美しく、先生は女神山の自然を存分に利用したフィールドワークも大切になさっています。大地や木の持つエネルギー、小さな植物たちの生命の営み、大自然の中で心を静め、これらを感じたり味わったりします。小さな植物にも完璧、且つ精妙な生命の世界があること感激しました。
このような気づきは日常をも豊かにしてくれています。
ワークショップに参加する前とは違った感覚で周囲を見るようになりました。
花の美しさはもちろん、風、空、雲、葉のそよぎ、地面を這う小動物・・・数えあげるときりがありませんが、実は私の周囲に今までもあった、でも気づかなかった、都会のささやかな自然に気持ちが向くようになったからです。
足を止め味わう時、幸せだなあと思うようになったのです。小さなことを喜べる自分が嬉しく、感謝の思いも湧いてきます。

そういえば、穏やかな気分でいられることが多くなったなあと、ありがたく思いながら今、ペンをとっています。
かつてのように、何かに追われるような、あせる気持ちが減ってきています。以前は些細なことに腹を立てていましたが、それも減っているように思います。
もちろん気分の浮き沈み、好不調の波はあります。それをどこか、客観的に見ている自分もいて、ワークショップで学んだことを自分なりに取り入れて生活を調整しています。
こういう視点、方法を与えていただいたのも、ワークショップでした。
人は出会いによって生かされ助けられるといいますが、私にとって女神山での寺山先生のワークショップこそ、「大きな出会い」でした。出会えた私はエンジェルに見守られていると確信しております。


参加者の感想から

70代・女性・東京
私はこの"スマイルワークショップ"にもう11回も参加しています。
何故そんなに参加するのですか?とよく聞かれるのですが、答えは簡単、楽しいからです。

このワークショップの醍醐味は、恒例の朝の散歩。
星が瞬き、月がきらきらと金色に輝き、まだ木も草花も眠っている頃、外へ出て少し歩き始めると、眠っていた木々が酸素を出し始める。その空気の動きを確認しながら歩いていると、空が白み始め、月が姿を消すと、空がバラ色に染まり、やがて太陽が山の端から顔を出して来る。太陽を拝みながら寺山先生が宮沢賢治の"雨ニモマケズ"を唱え始めると、太陽がダイヤモンドの様な光を放ちながら、まるで生き物の様にぐんぐん登って行く。
感動で胸がいっぱいになり、"太陽さん有り難う"という思いが湧き出て来る。この感激は体験した人でなければわからないでしょう。

宝石の様な朝露を愛で、鳥の声に耳を傾け、山を歩きながら、感じる事の大切さを教わり、室内のワークショップでも、寺山先生が弾かれたチェロの音をリラックスして聴いたりしていると、体の中を音が駆け抜け、細胞の一つひとつが喜んでいるのを感じます。

寺山先生の無条件の愛と、太陽の様なオーラを放つ笑顔に接しながら、女神山の美味しい空気と、都会では味わう事の出来ない、女神山ライフセンターのオーナーの心の籠った三度の三度の美しい食事に舌鼓を打ちながら会話が弾み、何もかもが楽しく、心が躍動し、あっという間に2泊3日が終わってしまいます。

山を降りる帰りの車の中では、皆はじける様な笑顔になって、まるで魔法にかかった様に、「ああ楽しかった!!又行きたい!」と思うのです。


参加者の感想から

40代・女性・東京
先生のワークショップに初めて参加させていただきました。
先生を存じ上げて、12年になります。
がんの告知を受け、手術をするかしないか、悩んでいたときに先生のご講演を何度か拝聴しました。 フィンドホーンという、花が美しい、人が元気になる地のスライドを拝見し、いつか、私も行けたらいいな、と思っていました。
宮沢賢治の宇宙的ものごとの考え方を教わり、大きな器の人間になりたい、と考えるようになりました。

先生のワークショップのご案内を頂戴していましたが、ようやく、12年を経て、参加させていただくことができました。
その半年前には、初めて、フィンドホーンに行くことができました。
「行く、参加する」それは、自分で決意するかしないか、のことでありながら、私には、12年かかってしまいました。

先生のワークショップに参加し先生のおっしゃっていたことが、一つ、実践できたように思いました。
早朝の一人、散歩に出て、ワークショップの参加者とご一緒に、二人で歩いていたときのこと。段々畑の細い畦道のアイスバーンに足をすべらせ、転がってしまいました。

「ああ、すべっちゃった。しょうがない。」

受け入れ、覚悟したとき、くるくるとんと、転がって、自然と立ち上がる自分がいました。
寺山先生と初めてお会いしたときの私は、がんの病気も受け入れられず、「嫌です。嫌です」という、がんこな生き方をしていました。
12年経て、健康を取り戻し、人の優しさ、感謝の気持ち、世の矛盾、家族の死などを体験し、流れに逆らって生きることではなく、受け入れることを学んでいきました。

先生のワークショップに参加し、受け入れるということはどういうことなのかを一つ体感することができました。
まだまだ、がちがち、とげとげの私ですが、宇宙的なものごとのとらえ方、考え方ができるように、そして、世のお役に立てることが一つでもできるように、生きていきたいと思います。


参加者の感想から

50代・女性・東京
今回ワークショップに参加するにあたって、寺山先生から数年前に参加した第2回〜5回の事を思い出しておくようにという宿題をいただいた。
思い返せば、初めて参加した当時、先生の講義も意識の超越理論のチャートも何の事だか全くわからなかった。「感動すると、感激する、とどう違うの?」「心・精神・魂???」
そして女神山に行ってみた。「一度だけ行ってみよう。」
すると、楽しくて楽しくてしょうがない。(天国にいるようだった。)と帰りの上田までの車内で思う。
「これから下界へ戻るのか」と感じている自分がいた。
次に「もう一回行ってみよう」と思う。
そうしてとうとう最後の回まで参加していた。
気がつけば、あの当時抱えていたしんどい問題を、今は別の視点から眺めている自分がいる。なんとありがたいことでしょう。

今回の女神山も雪と星と木々と光と美しかった。
我家に戻り、布団にくるまっていると「愛している」という暖かい思いが足下から私を包み込んだ。
「もっともっと自分を愛してごらん!」と最初の頃に先生から戴いた言葉を思い出す。
「そうか!これだったのか!」
あの頃は十分自分を好きだと思っていた。同時に今回最後に戴いた「自分が癒されるということを本格的に学ぶことになります」という言葉を思う。その時は「えっ!十分幸せなのに」と思っていたが、「自分の生命の声に十分耳を傾けてこなかったなあ。ごめんなさい。」
という思いが湧いてきた。
これからは、自分の生命の声にもっと注意深く、愛情を持って寄り添ってゆきたいです。
そしてもっともっと人をものを自然を、全てを愛したいという思いが胸から溢れてくる。


参加者の感想から

30代・女性・宮城
今回で3回目の女神山でのワークショップ参加となりましたが、まず参加者の方が本当に素晴らしいです。参加者一人一人が自分の一部となり、一人一人の話してくださる内容に学びと気づきがあります。ワークショップが終わるころには、参加者全員が愛おしい存在となります。そして、参加者全員が初日より素晴らしい笑顔になってキラキラと美しくなっています。

寺山先生のワークは様々な角度から私たちの魂に働き掛けて刺激してくれます。先生のお話、チェロの生演奏、歌、ダンス、ゲーム、呼吸法、チャクラの活性化、瞑想、野外活動、そして感じたことをアウトップトさせてくれるシェアリングやライティング等々…必ずどこかでコチコチになっていた魂が解れる瞬間があります。とことん自分と向き合って、ときには苦しく悲しく辛く、でも最後にはたくさんの鎧が取れた裸の自分と出会い、自分を愛することができるようになりました。そして、今まで忘れていた涙や感動・感激・感謝を腹の底から味わえます。細胞のレベルで変化があるような気がします。日常生活においてもとても楽に生きられるようになり、自分の感覚を大切にするようになりました。

たくさんの学びと気づきと目覚めを促してくれる素晴らしいワークショップ、そして惜しみなく愛と感謝を与えてくださる寺山先生、本当にありがとうございます。また、素晴らしいお食事と美しい自然を与えてくださる女神山ライフセンターに感謝いたします。


参加者の感想から

60代・男性・鹿児島
  寺山さんがどのようにしてガンを治されたのかを知りたくて参加しました。 美しい自然に恵まれた女神山とご自身のガンを治すことなどから築かれた理論に基づく数々のメニューに感動し、感激し、当初の期待はどこかに吹き飛んでいました。

ワークの中でエンジェルカードが示す言葉と自分の心が一致していることには驚きました。精神世界を垣間見る思いがしました。精神世界といえば、特別な目で見られがちですが、ワークを通して決してそうではないことを確信しました。
科学技術にがんじがらめになっている現代人が、忘れた、忘れかけている世界、それから解放されて本来の自分に還る世界ともいえます。
チャクラを開くことにより、精神性が高められ、健康になっていくということも学びました。そのことにも魅せられ、ワークに2回も参加。
自分の心の持ち方、意識が変り充実した毎日を送っています。

寺山さんがご著書「がんが消えた」の中で、「がんに愛を送り、消滅した」で述べられていることも腑に落ちました。
他の参加者との和気あいあいとした交流、寺山さんの素晴らしいチェロの演奏も良かったですね。素晴らしい出会いに感動し、感激し、また、寺山さんの「スマイル」に、感謝、感謝のワークショップでした。ありがとうございました。


参加者の感想から

50代・女性・東京
女神山では最高の時をありがとうございました。
女神山のワークショップのお部屋に入った時から異次元の世界。
なんと表現してよいか。
聖なる空間、聖なる時間、としか表現が思い当たりません。

その中だからこそ、参加者が皆安心して本来の自分の姿になれる。そして、皆が一つのつながりなのだと、皆が分身なのだとわかってしまう。
凄いことだと思います。

皆本来の自分は無邪気で愛らしいのだと気づいてしまう、愛に溢れた空間。
それを実感する(涙・涙)。
本来の自分に出会って、帰りには皆美しく、気高く、愛らしい顔に輝く。
人は皆本当はこうなんですよね。

先生と出会う事ができて、女神山でこうして皆さんと共にあってなんと有難い。
私は幸せ者だ!!と感じています。


参加者の感想から

40代・女性・福岡
寺山先生のワークは何度か受けたことがありますが、今回は、「ニックネーム」で大きな学びを得ました。

先生から「ニックネームは皆さんが子どもの頃に呼ばれていた名前です。」というひと言で、幼い頃、両親に呼ばれていた本名を思い出しました。
それだけで身体が硬くなり、呼吸が出来なくなり、恐怖が蘇ってきました。
そのことを、その日の終わりに先生に書いて出したところ「今回のワークショップはこれこそTransformationを今すぐしないと大変なことになる!と天から言われているのでしょうね!このチャンスをどうぞ生かしてくださいね!」とお返事をいただきました。

この言葉に大きな勇気を得て、翌日、思いきって、皆さんの前でシェアをさせていただきました。そして、泣いて泣いて…皆さんの暖かい輪の中で、ずっと閉じこめていて、自分でも気づかなかった思いを解消できたように思います。
本当にありがとうございました。

先生からのひと言ひと言が、本当に心にしみました。
何度出ても、毎回、気づきを得ることができます。
深謝。


参加者の感想から

50代・女性・神奈川
スマイルワークショップに参加して

暑い夏ですけれど、今心地よい風が窓から入ってきています。
「あー気持ちいいなー」些細なことですが、心と体で感じました。
暫く手を休め、寺山先生のCDを聞きながら風と音楽とレースのカーテンが私の肩に触れる心地よさを味わいました。

「意識の超越理論」に基づいた2泊3日の女神山でのワークショップの素晴らしさを思い出します。卑下する自分がなくなり、いえなくなりつつあります。
意識を変えることの素晴らしさ、気づき、感動と感謝これは個人個人様々なので、参加するしかないのです。

天使の導きで、このワークショップに1回目から参加できたことにとても幸せを感じています。毎回毎回、何が起こるか分からないワークショップだからいつも新鮮な気持ちで参加してきました。個人とグループのエンジェルカードの意味の深さ、ダンス、歌、音楽、ハグ…そして、最後はいつも愛でみたされます。

文章を書くのが苦手な私に感想文の依頼が来て、ワークショップ中に書いている文章の内容がとてもはずかしいと感想を言ってしまったら、そんな風に自分を思わないで、と愛を送ってもらい、またまた気づかされました。感謝の涙でいっぱいです。

汗だくで到着した私たちに汗を流してからワークショップを始めましょうと提案して下さった寺山先生の思いやり(愛)そして、心地よい場所と美味しい食事を作ってくださる女神山の方々に感謝いたします。

参加者の感想から

70代・女性・東京
今から30年近く前に寺山先生が御自分の癌に愛を送り続けることで完治され、今も益々お元気で素晴らしいオーラを放っていらっしゃるお姿に感動し、私も寺山先生の様な笑顔を身に付け、太陽の様な自分になりたくて、スマイルワークショップに5回出させて頂きました。

毎回2泊3日のワークショップに参加して帰って来ると"本当に楽しかった"という思いと、身体が軽くなり、自分の内なるものの何かが確実に変わっているという事に気付きます。
寺山先生の創案なさった意識の超越理論に従って、一つ一つ意識の階段を登って行き、今は毎日が楽しくて仕方がない、ウキウキ、ワクワク、幸せ感でいっぱい!!そんな境地に達しています。

このワークショップは長野県上田市にある別所温泉の近くの女神山を望む大自然の中で、歌ったり、踊ったり、美しい音楽を聴いたりしながら、感性を育み、何かを感じる事、それが智慧の入口であると寺山先生はおっしゃいます。
そして、いつの間にかチャクラが開いているのがわかります。
オールドエイジからニューエイジへ上がって行く為の意識の変容の、寺山先生は導き手であり、いろいろな事を投げ掛けて下さりながら、自分で気付くように仕向けてくださる・・・。
気付くまで、何も言わずにじっと待っていて下さる。

心を空っぽにしていると、ある日突然"あっそうだ!"と気付いて行く・・・。このワークショップが大好きです。
都会では絶対に体験することの出来ない朝の始まり。木々が目覚め、酸素を出して行くと空気が動き、小鳥達が鳴き出し、草や花の葉が露を出し始める。暗いうちに外へ出て私達も深呼吸やグランディングをして、それらを観察しながら日の出を待つ。そして暫くすると神の様な太陽が山の上から昇ってくる。その様子をじっと眺めていると物凄い感動と感謝が湧いて来る。

こんな素晴らしいワークショップは他に類を見ないような気がします。そしてまた、女神山に行きたくなるのです。

いつの間にか女神山は私の故郷のようになってしまいました。
一人でも多くの方々がこの素晴らしい体験をされ、醍醐味を味わって下さる事を願っています。

寺山心一翁からのメッセージ
寺山心一翁からのメッセージ

会場の女神山ライフセンターは、たくさんの樹木に囲まれた自然溢れる素晴らしい場所です。木々が発する新鮮な空気、山の中腹からから湧きだす清水、心のこもった有機野菜や玄米を中心とする食事など、ワークショップをとりまく環境も、私たちの成長を、大きく助けてくれるはずです。きっと、生きているという感覚から、生かされているという感謝の気持ちが芽生えてくると思います。

寺山心一翁からのメッセージ 寺山心一翁からのメッセージ

自分を取り巻くすべてのことを感じてみて、腑に落とし、第六感である、智慧を深める体験を大切にしていきます。
頭で考えることより、体験を受け入れて楽しむことを一番に!
というワークショップです。

皆さんにお会いできるのを楽しみに待っています。

(署名)愛 心

ワークショップのスケジュール・お申し込み方法

ワークショップのスケジュール

名 称 寺山心一翁のスマイルワークショップ 2013春 5月度
日 程 5月10日(金)〜5月12日(日)
参加費 52,000円(2泊3日)
(別途:宿泊費18,900円+暖房費・実費)
定 員 20名
会 場 女神山ライフセンター
(長野県上田市・別所温泉駅から車10分)

お申し込み・お問い合わせ

受付は終了致しました。

お申し込み・お問い合わせは、
メール workshop@shin-terayama.jp
(迷惑メール対策のため、@を大文字で記載しています。メールをお送りいただく際は、小文字にご修正ください。)
お電話 03−3339−0020
FAX 03−5936−1900
でも承ります。お気軽にご連絡ください。